6/13,14 英国IEMA認定CSR資格講習

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆グローバル企業に必須のCSRとは
― 英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習

世界の情勢の変化は著しく、CSRの分野でもグローバルな大きな流れが起きています。国際規格であるISO26000の発行、統合報告書への流れ、ビジネスと人権に関する取り組みの強化、紛争鉱物を含むサプライチェーンにかかわる問題、欧州CSR戦略など、海外では企業を取り巻く状況が変化し、企業はその対応に迫られています。

今回ご紹介しますCSR資格講習は、ロンドン在住CSRコンサルタントが講師として、グローバルなCSRの流れを踏まえ、CSRのトレンドやCSRを戦略的に実施する方法などを体系的に学べるようにお手伝いします。また、本資格講習は、英国のIEMA(The Institute of Environmental Management and Assessment)の公認資格で、世界で通用するCSR資格です。2008年より、世界の主要都市(シカゴ、ワシントンDC、ニューヨーク、サンフランシスコ、アトランタ、トロント、ブリュッセル、ドバイ、アブダビ、アテネ、クアラルンプール、東京、大阪)で開催され、現在、5大陸28か国約500人が資格保持者になっています。

この資格講習では、世界のCSRのトレンドを踏まえ、CSRの戦略的な実施を考えている企業の環境/CSR担当者、CSRの包括的な知識の必要性を感じている方など、是非このCSR資格講習を御検討ください。

「英国IEMA認定 サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習」
とき:2013年6月13日(木)・14日(金)両日とも9:00~17:00
ところ:東京23区内(お申し込み者に事務局からご連絡致します)
対象:環境/CSR担当者、マーケティング/HR担当者、国際部門担当者など
定員:15人(定員になり次第締め切りさせていただきます)
主催:サステイナビジョン
講師:下田屋 毅氏(ロンドン在住CSRコンサルタント、サステイナビジョン代表取締役)
ゲスト:
ニコス・アブロナス氏(CSE代表取締役)
寺中 誠氏(東京経済大学現代法学部非常勤講師、アムネスティ・インターナショナル日本前事務局長)
受講料:195,000円(早割/オルタナ団体割引(10%)・会社割引(15%)あり)

◆詳しくはこちら

◆お申し込み・お問い合わせはこちら
※本資格講座につきまして、ご不明な点、ご質問などございましたら遠慮なくご連絡ください。

<講習のメリット>
グローバルリーダーにおけるサステナビリティ・CSRの資格講習です。英国の主要団体The Institute of Environmental Management and Assessment (IEMA) から資格が付与されます。この資格は世界で認識される資格です。内容は、レクチャーとグループワークがバランスよく織り交ぜられた集中プログラムです。講師と受講者の双方向でのやり取りで進められ、より効果的に学習することができます。サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格を取得することにより、組織内外でのCSR計画・戦略・プログラムをより効果的に実施することができるようになります。主任講師は、欧州・ロンドンに拠点を置き、欧州の最新のCSR情報を入手していますので、本講習を通じて、先進的な知識を得ることができます。

<資格講習受講者の声>
受講前に期待したことは全て満足でした。①これまでCSRを担当してきた業務対応が外部の観点から見て正しかったか。②CSRの総括した講習を受けたかったこと。③異業種の方々のCSR取組みスタンスを知りたかったこと。(コニカミノルタホールディングス株式会社 前CSR推進部長)

CSRのROIの考え方のヒントを得たこと。ビデオを用いた実践的学習の手法を学んだこと。Green Washingなどの新しい概念を学んだこと。人権に関して新しい知見を得たこと。CSRの最新トレンドについて学べたこと。(カシオ計算機株式会社CSR推進室長)

CSR資格講習のフライヤーのダウンロードはこちらからお願いいたします。

2013年5月16日(木)13:40

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑