コカ・コーラ社 被災地高校生を米国へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース)

TOMODACHIサマー2014コカ・コーラホームステイ研修プログラム参加者の募集を開始
被災地の高校生60名を米国派遣!WEBにて参加者の募集を開始

「コカ・コーラ復興支援基金」は、『TOMODACHIサマー2014 コカ・コーラホームステイ研修プログラム』に参加する被災地3県(岩手県・宮城県・福島県)の高校生60名を、 WEBサイト(http://www.eiljapan.org/usjapantomodachi/)および郵送にて、2014年2月4日より3月14日まで募集いたします。

「コカ・コーラ復興支援基金」は、日米両国政府と米日カウンシルが主導する「TOMODACHIイニシアチブ」に賛同をし、教育支援を通じたさらなる被災地復興支援を目的に、2012年から2014年までの3年間にわたり、東日本大震災により被災した高校生を米国へ派遣する 『TOMODACHI サマー コカ・コーラ ホームステイ研修プログラム』の実施を支援しています。2012年は60名、2013年は119名を派遣。3年目の2014年は、60名の高校生を派遣することを決定しました。

米国の歴史や文化を学びながら、「震災体験をふまえて、自分と出会う」

本プログラムでは、高校生15名と引率リーダー1名で構成する4グループに分かれて、それぞれ全米の異なる地域でホームステイをします。ホームステイ中は、実践的な英語を楽しみながら学ぶ英語研修や、各滞在地域で実施されているボランティア活動、近郊の大学を訪れるキャンパスツアーなどに参加します。また、各グループが協力しあって、日本文化について発信する機会があり、プログラムのはじめに全員で訪れるコカ・コーラの聖地アトランタと合わせ、米国の歴史や文化だけでなく、日本についても改めて学び、発表する場を提供します。さらに、60名の東日本大震災の被災地の高校生が集まることで、被災および復興の現状を米国の方々に伝えるとともに、他の被災地の高校生と交流し、震災について、もう一度話し合う大切な機会にもなっています。

「コカ・コーラ復興支援基金」では、本プログラムが参加する高校生にとって異文化に触れ、グローバルな見地を身に付けるとともに、震災体験を踏まえて「自分と出会う」きっかけとなることを願っています。
また「コカ・コーラ復興支援基金」は今後も、被災した子供たちの生活復興に必要とされる教育施設や公共施設の建設、次世代の人材育成など、東日本大震災によって被害を受けた被災地の復興支援に努めてまいります。

TOMODACHIイニシアチブについて

米国政府と公益財団法人米日カウンシル-ジャパンの主導のもと、東日本大震災後の復興を支援するとともに、長期にわたり日米間の文化的・経済的な結び付きを強化し、友好を深めるかたちで投資を行う官民によるパートナーシップです。夢を持ち、その実現に向け計画を立て実行する日米の将来の世代、すなわち互いの文化や国を理解し、社会貢献に必要な、世界で通用する技能と国際的な視点を備え、日米関係の将来に深く関わる「TOMODACHI世代」の育成を目指しています。

TOMODACHIイニシアチブWEBサイト(http://usjapantomodachi.org/ja/)

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団
広報事務局
(日本コカ・コーラ株式会社 内)
TEL:03-5574-4805 FAX:03-6779-4591

2014年2月7日(金)12:31

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑