東ティモールで循環型農業支援

このエントリーをはてなブックマークに追加

パルシックは2012年から東ティモールで農業支援を実施しました。マウベシ郡にある標高1,200メートルの山間部は、森林が荒廃して土壌の保水力が低下し、持続可能な農業が困難な自然環境にあります。東ティモールの人びとと共に、畜産・養蜂の導入とバイオガスの普及を通した循環型農業に挑戦してきました。東ティモール人スタッフのアデリーノ・カブラルが来日し、元駐在員の宮田悠史と共に、現地での取り組みについて報告します。またゲストスピーカーとして、自然エネルギーと有機農業の専門家である桑原衛氏を招いて、東ティモールにおける循環型農業の可能性についてお話しいただきます。

日 時:2015年9月5日(土)14:00~16:00(開場:13:30)
会 場:連合会館 2階 205号室(千代田区神田駿河台3-2-11)
http://rengokaikan.jp/access/
対 象:どなたでも
定 員: 25名(先着順)
参加費:一般:1,000円 学生:800円(資料込み、東ティモールコーヒー付)
主 催:特定非営利活動法人パルシック

申 込:お名前、ご連絡先、参加人数、一般/学生 をお知らせのうえ、下記までお申込みください。
TEL:03-3253-8990  Eメール:office@parcic.org
問い合わせフォーム:http://www.parcic.org/about/contact/

2015年8月7日(金)15:42

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑