奈良県がスイス林業を取り入れる理由

tanaka_atsuo
森林ジャーナリスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良県は、今年6月にスイスからフォレスターを招いて「欧州型森林管理者研修」を実施した。招かれたのはチューリヒ州で約900ヘクタールの森林を管理するロルフ・シュトリッカー氏。彼は、地元でも環境重視のフォレスターとして有名だ。

林業改革のヒントを求めてヨーロッパのフォレスターを招くケースは多いが、たいていドイツから。スイスは珍しい。

ドイツの林業はシステマティックで、また産業的にも成功している。参考になる点は少なくない。しかし、大規模化と機械化によって木材生産量と効率を高めた林業は、必ずしも日本の現状とは合わないように思う。

とくに奈良県が擁する吉野林業は、スギやヒノキを手間隙かけて樹齢100年以上に育ててきた。なかには200年を越える森もある。そして木目や木肌など高品質な木材を生産してきたのだ。

しかし、近年はそんな高品質材が必ずしも高く売れなくなった。また地形が険しく、機械化も進んでいない。そのため地元でも閉塞感が強まっている。

そこで目をつけたのがスイス林業だ。スイスでは、急峻な土地で比較的小規模な林業を展開し、高品質材の生産に力を注いでいる。量より質の林業で、吉野とシンクロする点が多いのだ。

ページ: 1 2

tanaka_atsuo
森林ジャーナリスト
1959年生まれ。主 に森林・林業・山村をテーマに執筆活動を続ける。著書に『森 林からのニッポン再生』『森林異変』『日本人が知っておき たい森林の新常識』『森と近代日本を動かした男 山林王・ 土倉庄三郎の生涯』『森と日本人の1500年』など多数。

2016年1月29日(金)10:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑