気候変動と児童婚の『知られざる関係』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Image credit: Participant Media

Image credit: Participant Media

気候変動と児童婚の関係を追ったショートドキュメンタリー「知られざる関係」が10月末に公開された。製作したのは、ロイター通信が設立したトムソン・ロイター財団と米映画会社のパーティシパント・メディアが運営するウェブマガジン「テイクパート」だ。(翻訳・編集:オルタナ編集部=小松遥香)

気候変動と児童婚の問題は、これまでほとんど伝えられてこなかった。バングラデシュに暮らす2人の少女の生活に迫ったドキュメンタリーの内容はとても考えさせられるものだ。

3 割の少女が15 歳以下で結婚するバングラデシュ

バングラデシュは、世界で最も気候変動の被害を受けている国の一つだ。海面上昇や猛暑により壊滅的な洪水やサイクロンが増えている。同国の人口は約1.5億人。3割の少女が15歳の誕生日を迎える前に結婚する。

気候変動が貧困や飢餓を生むことはよく知られているが、同じく引き起こされる児童婚についてはあまり知られていない。「知られざる関係」がクローズアップするのは、ブリシュティとラジアという二人の少女だ。

河川の浸食で家や農場を失い、彼女たちの人生は一変する。こうした災害が起きた場合、田舎で暮らす人たちは生きていくために首都ダッカに移住せざるを得ない。

「知られざる関係」は、少女たちの人生や友人、家族に迫ることで、気候変動により発生する食料や収入への影響がどのように問題を生み出し、女性の活躍をどう阻むのかあぶり出している。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2016年12月14日(水)12:03

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑