SDGsが経営陣へ認知拡大、課題は中間管理職

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

SDGs日本企業調査レポート2017年度版「未来につなげるSDGsとビジネス~日本における企業の取組み現場から~」

SDGsの認知が企業の経営陣へ広がってきた。地球環境戦略研究機関(IGES)とグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)が14日発表した調査によると、経営陣の認知度は昨年の28%から36%に上がった。一方で、中間管理職の認識は9%と低く、企業全体として取り組む上での大きな課題となっている。(辻 陽一郎)

SDGs日本企業調査レポート2017年度版「未来につなげるSDGsとビジネス~日本における企業の取組み現場から~」

両団体はSDGsの17ゴール実現に向けた企業の取り組み状況や課題などについて調べるため、昨年9―10月にGCNJ会員企業など254社・団体に調査し、163社・団体が回答した。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年3月19日(月)21:07

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑