個人から投資まで:加速するプラスチック課題の認識

Arisa Kishigami
Independent Sustainability Consultant & Coach, Senior Advisor, ESG, Asia Pacific to FTSE Russell
このエントリーをはてなブックマークに追加

David Attenborough氏が率いた英BBCのドキュメンタリーシリーズ「Blue Planet II」等によって、これまでも燻っていたプラスチックがもたらす負の影響への認識が、急速に世界へ広がった。

2018年7月に発表された、カルフォリニア大学のRoland Geyer博士のレポートによると、83億トン分と概算されるプラスチック商品の総生産量のうち、79%が埋立地、または自然界に流入しているとされている。

BBCでは、プラスチック問題に関する様々な統計記事だけでなく、一人の一歩から始められる、様々な使い捨てプラスチック(Single Use Plastic)削減のアイディアを募集し特設ページで公開している。

この個々人の声は流れをつくり、政府、企業、金融機関や援助機関等、様々な所で取組が始まっている。
欧州委員会では、プラスチックによる海洋汚染を軽減すべく、Single-Use Plastics Directiveを2019年5月21日に発表した。

その内容の一つとして、欧州の海岸線に最も多く発見され、代用品が存在する綿棒の軸やストロー、ポリスチレン製のコップや容器など、使い捨てプラスチック製品の禁止項目が具体的に掲げられている。

続きはこちらから

Arisa Kishigami
Independent Sustainability Consultant & Coach, Senior Advisor, ESG, Asia Pacific to FTSE Russell
2019年4月よりEn-CycleS (Engagement Cycle for Sustainability)という自らのイニシアチブの元、各種講演のほか、Responsible Investor でのコラム執筆、J-SIF運営委員、AIGCCワーキンググループ等を通じて、ESG投資やサステナビリティに関連した企業・投資家行動とグローバル発信の促進に携わる。 2007年よりESGとサステナブル投資に従事し、ロンドンでの勤務を経て2015年より東京に異動。 FTSE Russellのアジア環太平洋地域のESG責任者として、企業との対話(エンゲージメント)、ESGインデックスやレーティングの開発と管理、及び機関投資家のスチュワードシップ活動の実行に関するサポートを務めた。 慶応義塾大学 総合政策学部卒、オックフォード大学にてアフリカ学の修士号取得。

2020年1月10日(金)16:10

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑