「学びの格差拡げない」NPOのオンライン支援PR

■グッドガバナンス認証団体をめぐる② カタリバ

新型コロナウイルスによる全国一斉休校が始まった直後の3月初旬、子どもたちに学びと居場所を提供するネット上の無料サービス「カタリバオンライン」が始まった。組織の信頼性を保証する「グッドガバナンス認証」取得団体であるカタリバが重視するのは、「NPOだからできるスピードとアイデア」だ。立ち上げから関わる瀬川知孝さんに、支援の現場について聞いた。(聞き手・村上佳央=非営利組織評価センター、堀理雄=オルタナ編集部)

「音楽クラブ」に参加する子どもたち。この日は話し合ってつくった歌詞に香川の中学生が曲をつけ、東京の小学生が伴奏した。プログラムはビデオ会議アプリ「Zoom」を使い同時双方向で行っている(提供:カタリバオンライン)

――カタリバオンライン立ち上げの経緯を教えてください。

カタリバはもともと高校生にキャリア学習の出張授業を届けてきましたが、東日本大震災を機に、被災地での学びや居場所支援が事業の柱の一つになりました。どんな環境にあっても未来は創り出せると信じられる。そういう力を育める社会をつくっていきたいという理念で活動しています。

一斉休校という非常事態のなかで、弱い立場の子どもが悪影響を受けやすい状況があります。情報環境や家庭の経済格差で生まれる経験や学びの格差を、多少なりとも抑制したい。ネット環境がない家庭への支援も進めています。小学生から高校生の子どもを持ち、居住する市区町村から就学援助や支援を受ける家庭で希望する100世帯には、パソコンやWi-Fi端末を無償で貸し出しています。

登録者数は現在(5月11日時点で)1700を超え、毎日100人以上の子どもが入れ替わり参加しています。約7割が小学生で、残りが中高生や未就学児です。

■名刺と一緒に持つクレド

――2月末の政府による突然の全国一斉休校要請を受け、約1週間後の3月4日にサービスを開始。なぜこれほど早く立ち上げられたのですか。

以前から、災害などで突然日常を奪われてしまう子どもを迅速にサポートできるように、「災害時子ども支援アライアンスsonaeru」という体制を組んでいました。今回その「sonaeru」チームの専任スタッフと代表の今村久美が真っ先に事業を計画して、私も含めたスタッフが加わり立ち上げました。

――変化する現場の状況にどう対応していますか。

カタリバではスタッフ一人ひとりの行動指針を3つの「クレド」として定め、「イノベーション」の指針では「NPOだからできるスピードとアイデアを駆使して、創りたい未来からはじめる」としています。

専任のチームがあるだけではなくて、その場や社会の状況に応じて自分たちのやるべきことや持ち場を臨機応変に変えていくスタンスや考え方を共有していることが、現場での柔軟な対応につながっているのかなと思います。職員はクレドを名刺とともに携帯しています。

■「つながれる喜び」を

ページ: 1 2 3

2020年6月25日(木)9:00

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑