「アウトサイドイン」学ぶカードゲーム

アウトサイド・イン(Outside-In)とは、2015年9月に国連サミット採択されたSDGs(持続可能な開発目標)のビジネス指南書「SDGコンパス」にも記載されている公式のビジネス用語です。この場合、アウトとは「社会」を、インは企業や組織を意味します。これまでのビジネスアプローチでは、企業が自社の製品・サービスの強みを生かしてマーケットを開拓する「プロダクト・アウト(Product-Out)」や、市場のニーズに合わせて製品・サービスを開発する「マーケット・イン(Market-In)」が主流でした。

「アウトサイド・イン」は、この「マーケット・イン」のベクトルを伸ばすことで、顧客のすぐ後ろにいる「社会のニーズ」に応えようというものです。つまり「社会課題の解決を起点にしたビジネス創出」を意味します。実は「SDGコンパス」に記述された「アウトサイド・イン」は、気候変動などの分野で、企業が科学に基づく目標設定を指していましたが、その後、「社会課題の解決を起点にしたビジネス創出」の意義が注目されるようになりました。

SDGsアウトサイドインは、頭で理解することも大切ですが、個の内面の変容が重要です。

株式会社オークジャパン、株式会社プロジェクトデザインはSDGsアウトサイドインを学べるカードゲームを作成しました。本質的なSDGsとこれからの企業が取るべき行動をカードゲームで学べる体験会/セミナーを開催しています。ぜひ体験してください。

詳しくは⇒ https://outside-in.jp/events/

2020年8月10日(月)13:05

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑