保険証・予約不要の「ワンコイン健診」

■世界のソーシャルビジネス アジア・オセアニア編 日本

「ワンコイン(500円)」「保険証・予約不要」で血糖値や中性脂肪を測定できるサービスを展開するケアプロ(東京・中野)。川添高志社長は2013年3月、世界最大の社会起業家支援組織「アショカ」のフェローに選出され、日本で最も注目が集まる起業家の一人だ。(副編集長=吉田広子)

ケアプロ川添高志社長


川添社長は、慶応大学看護医療学部を卒業し、看護師と保健師の資格を持つ。東京大学病院に勤務時代、糖尿病合併症になり、壊え疽そした足を切断した患者に出会った。その男性は会社で健康診断を受ける機会がなく、糖尿病が悪化し、血液透析を受けるようになったという。

次第に仕事ができなくなり、生活保護を受給せざるを得なくなった。年間の医療費600万円は、税金でまかなわれる。

日本の医療費の約3割(約10兆円)は生活習慣病関連、社会的コストは大きい。

糖尿病は、自覚症状がないまま進行する。傷が治りにくくなるが、痛みを感じにくく、視力も落ちるため、変化に気付かない。傷口から壊疽が起きやすくなる。だからこそ、予防には定期的な健診が重要だ。ところが、1年以上健診を受けていない「健診弱者」は全国で3300万人にも上る。中でも健診を受ける機会が少ないのは、自営業、フリーター、主婦、ホームレスだ。そこで、川添社長は2007年にケアプロを立ち上げ、ワンコイン健診を始めた。

海外展開も視野に

ページ: 1 2

2020年9月14日(月)11:00

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑