COP28に化石燃料ロビイスト2456人、前回比4倍で史上最多に

記事のポイント


  1. COP28には政府関係者や企業などが開催地のUAE・ドバイに集結した
  2. 参加登録者8万4千人のうち、化石燃料ロビイストの数は2456人に上った
  3. この数は前回のCOP27の4倍で史上最多となり、その影響を危ぶむ声が上がる

11月30日に開幕したCOP28(国連気候変動枠組条約第28回締約国会議)に参加するため、政府関係者や企業、NGO・NPOなどが開催地であるアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに集結している。参加登録者84000人のうち、化石燃料ロビイストの数は少なくとも2456人に上った。前回のCOP27での集計636人から約4倍と、史上最多となった。(オルタナ編集部=北村 佳代子)

COP28が開催されているUAE・ドバイ
北村(宮子)佳代子

北村(宮子)佳代子

アヴニール・ワークス株式会社代表取締役。伊藤忠商事、IIJ、ソニー、ソニーフィナンシャルで、主としてIR・広報を経験後、独立。上場企業のアニュアルレポートや統合報告書などで数多くのトップインタビューを執筆。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー。2023年からオルタナ編集部。

執筆記事一覧
キーワード: #COP28

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..