世界経済フォーラムは3月31日、国別にジェンダーギャップ(男女格差)を分析した報告書「ジェンダーギャップ指数2021」を発表した。調査対象の156カ国のうち、日本は120位だった。前年の121位から順位を上げたものの、主要7カ国(G7)、東アジア・太平洋地域で最下位だった。同報告書では、政治や経済の分野で、「指導的地位」にいる女性の割合が少ないという日本の問題点が指摘された。(オルタナ副編集長=吉田広子)

世界経済フォーラムが発行した「ジェンダーギャップ指数2021」(英語)

「ジェンダーギャップ指数」は、「政治参画」「経済参画」「教育」「健康と生存率」の4分野で男女格差を数値化し、国別に比較している。2006年からほぼ毎年発表されている報告書だ。

2021年版では、1位はアイスランド、2位はフィンランド、3位はノルウェー、4位はニュージーランド、5位はスウェーデンだった。6位にはナミビア、7位にルワンダとアフリカが続いた。アジア圏では、17位のフィリピンが最高位だった。

政治参画や収入格差に課題も