バーガーキングを展開するビーケージャパンホールディングスは6月2日、世界環境デー(6月5日)に合わせて、「みんなでビーフ愛護計画」を始動することを発表した。大豆由来の100%植物性パティを直火焼きにした「プラントベースペッパー」単品を、通常価格590円から300円引きの290円で販売する。期間は6月4日から6月10日まで。(オルタナ副編集長=吉田広子)

大豆由来の100%植物性パティを直火焼きにした「プラントベースペッパー」。単品、セットいずれも300円引きで提供する

健康志向の高まりやCO2の排出抑制、動物福祉(アニマルウェルフェア)の観点などから、世界的に「代替肉」の市場規模が拡大している。この15年で世界の代替肉市場は約11兆円に上るとの推計もある。

代替肉は、主に大豆や小麦などの植物原料をベースにした「植物肉」が主流だ。

バーガーキングでは、2020年12月から「プラントベースワッパー」を期間限定商品として発売し、2021年3月から定番商品化した。

同社によると、人口増加や気候変動などによって、ビーフの希少化が懸念されるなか、ビーフの需要と供給のバランスを保つために、「植物肉」という新たな選択肢を提供することが目的だという。