共通の価値観を浸透する、テイジンの行動規範

CSRリレーコラム(17)

企業のCSR担当者によるリレーコラムを始めます。参加するのは、12社のCSR担当者の皆さん。SDGsや脱炭素など、サステナビリティの潮流は高まるばかりです。CSR活動もますます重要になっています。各企業の担当者には、「自社の一押し活動」から日々の悩みなどを書いていただきます。第17弾は帝人 CSR企画推進部の大西純子さんです。

*CSRリレーコラム参加企業一覧
フジテレビジョン
リコージャパン
日本航空
セブン&アイ・ホールディングス
リクルート
千代田化工建設
帝人
トヨタ自動車
ゴールドマン・サックス
三菱地所
ミツカン
MS&ADインシュアランスグループホールディングス

新型コロナウィルス感染拡大など社会環境は大きく変化しています。このような予測不能な時代だからこそ、多種多様な社員ひとり一人が企業理念の実現をめざし、共通した価値観をもって行動することは重要です。

帝人グループでは、企業理念を実現するための行動のよりどころとなる行動規範を1993年に制定しました。そして2018年の創立100周年を機に、世界中の帝人グループ従業員が理解しやすい文面をめざして全面改定しました。

帝人グループの行動規範、帝人グループの「行動規範」は、T/E/I/J/INを頭文字とする5つの要素で構成されています

中期経営計画(2020年~2022年)では、全世界の従業員へ共通した価値観=行動規範を浸透させることを目標に掲げました。今回はその浸透策を3つご紹介します。

まず、1つめのビデオ配信です。2020年度は、行動規範を全世界で共有することの大切さをCEOが語る動画を制作し、帝人グループが展開する全地域・国の言語による字幕をつけて、全グループ会社に発信するとともに、YouTubeにも投稿しました。

また、行動規範を、より身近な具体的行動のレベルで理解を深めるための動画も制作しています。行動規範概念図の5色を用いたピクトグラムを5人のキャラクターとし、職場での行動を通じて行動規範について学んでいく様子を、アニメーションのシリーズで描くものです。こちらも全地域・国の言語による字幕をつけ全グループ会社に発信しています。

帝人グループ行動規範ビデオ「正確な記録と公正な情報開示・対話」 動画はこちらから

2つ目の施策は、行動規範に則した先進的な行動や取組みを帝人グループ全体で称賛し表彰する制度「Designing the Future Award」で、2021年度からスタートしています。行動規範を体現したベストプラクティスを表彰することで、行動規範を身近に感じ、自分ごと化できる社員が増加する好循環が生まれると期待しています。

3つめの施策は、行動規範の浸透度合いを定期的かつ定量的に測定するための調査です。2021年度より従業員意識調査アンケートをリニューアルして対象を全世界の従業員に拡大しました。

行動規範が浸透すると、その企業にふさわしい行動が自然ととれるようになり、従業員エンゲージメントの向上にもつながります。帝人グループはこれからも、従業員ひとり一人が持続可能な社会の実現に貢献するソリューションを提供する担い手として、能力を発揮し、活躍できる企業風土づくりに取り組んでいきます。