米国:戦略的ファンづくり、MLBの地域貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のプロスポーツにとって、地域還元は欠かせない。プロスポーツは、スタジアムやアリーナに足を運んでもらうことで成り立つビジネス。いかに地域の人たちに愛されるか、新しいファンを呼び込むかが重要だ。

ミラクルリーグとタイガース選手たちとの記念撮影 (写真=谷口輝世子)

ミラクルリーグとタイガース選手たちとの記念撮影 (写真=谷口輝世子)

米国の4大プロスポーツは、人気に関係なく慈善事業を行っている。地域貢献活動はそのまま販売促進キャンペーンにもなる。ある球団の営業担当は「グッズ販売などもあるが、我々のビジネスは『席を売ること』だ」と言う。

メジャーリーグのデトロイトタイガース(米ミシガン州)はア・リーグ中地区4連覇を果たした強豪チーム。地方都市ながら、全30球団中7位の年間300万人前後の観客を動員している。タイガースは他のメジャー球団と同様、多くの慈善活動をしている。

タイガースは毎年、初夏の週末に障がい児野球リーグに出向き、野球教室を開催する。この障がい児野球は「ミラクルリーグ」と称され、知的障がい児や車いすや補装具を必要とする子どもたちなどがプレーしている。

野球教室では、子どもたちに選手と同じユニホームが配られる。背中には背番号と個人の名前が入った特別製だ。球団からは打者、投手、コーチらが出席し、障がいのある子どもにボールの投げ方を教え、一緒に試合を楽しむ。この活動に毎年のように顔を出しているのがスーパースターのミゲル・カブレラ内野手だ。

■試合当日にも野球教室

ページ: 1 2

2016年3月14日(月)10:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑