オレンジの色鮮やかな野鳥――ジョウビタキと白い斑点

坂本 優
アサヒグループ食品株式会社 人事総務部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■私たちに身近な生物多様性(23)[坂本 優] 

柿の実は、野鳥たちの格好のご馳走だ。ヒヨドリやスズメ、メジロ、シジュウカラ、ムクドリ、ツグミたちがついばみ、数日見ないでいると、いつの間にかなくなってしまう。

銀髪にオレンジの腹部が特徴のオスのジョウビタキ(東京都北区)

銀髪にオレンジの腹部が特徴のオスのジョウビタキ(東京都北区)

晩秋のある日、前日までにすっかり実を落としていた柿の枝に、実が残っていたかとも見えるオレンジの影があった。

それはシベリアなどから秋の里に渡ってきた、ヒタキの仲間、ジョウビタキのオスだった。ヒタキという名は、チッチ、キッキなどの鳴き声が火打石で火を起こすときの音に似ていることから付けられたと聞く。

ジョウビタキのオスは、柿の実のように鮮やかなオレンジ色の腹部と暗褐色の背中、そして銀白色の頭頂部のコントラストが特徴的だ。銀白色の頭頂部が白髪のようだ、ということから、能などで老翁やその面を意味する尉(ジョウ)を冠して、ジョウビタキと名付けられたという。

チベットからモンゴル、ロシア沿海地方など東アジアの比較的高冷地で繁殖し、冬は大陸の平地や日本などで越冬する。都内の公園や住宅地でもよく見かける身近な冬鳥だ。

日本での繁殖例も知られてはいるが、主に大陸で春から夏にかけて繁殖し、秋以降、日本海を渡って飛来し、一羽ずつ縄張りをつくって越冬する。そして、その縄張をパトロールするかのように、よく同じコースを飛んで来て同じ枝にとまる。

仲間同士では激しい縄張り争いをするが、人間に対しては、昔から、近くまで寄ってくる人懐っこい野鳥として知られている。

ページ: 1 2

坂本 優
アサヒグループ食品株式会社 人事総務部
1953年生まれ。東京大学卒業後、1979年、味の素㈱入社。本社にて法務・総務業務、工場・支社にて総務業務を担当。2011年、カルピス㈱に出向(2012年転籍)。 同社で法務・コンプライアンス業務等を担当。2016年1月より現職。大学時代、「動物の科学研究会」に参加。味の素東海事業所在籍時、現「味の素バードサンクチュアリ」を開設するなど、生きものを通した環境問題にも通じる。(趣味ラグビー 関東ラグビー協会理事)

2016年11月11日(金)0:35

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑