紛争鉱物の情報開示、国際NGOが質低下を指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

Image credit: Arrow

原料に関する人権侵害の防止に取り組む国際環境NGO「As You Sow」のプロジェクト「Responsible Sourcing Network (RSN:責任ある調達のためのネットワーク)は、206社の紛争鉱物の使用に関するデューデリジェンスを分析した新たな報告書を発表した。昨年の結果と比べると、ほとんどの企業がリスク回避のために強力なイニシアティブを示しているのにも関わらず、点数を落としている。(翻訳:梅原 洋陽)

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年10月20日(金)17:36

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑