海ごみ問題に貢献、スペイン発ブランド

■オルタナ本誌61号 「エシカルファッションの旗手たち47 海ごみ問題に貢献、西スペイン発ブランド」 から

数あるサステナブルブランドの中でも、今年春にスペインから上陸した「ECOALF」(エコアルフ)は、その徹底したリサイクル・システムと、デザイン性において、際立った魅力を放っている。何より、創業者であるハビエル・ゴジェネーチェ氏の熱い思い、ブランドを立ち上げる強い動機が私たちの心を打つ。

ペットボトルや漁網などプロダクトの素材となる廃材も展示

「それまで持っていたブランドを2008年に売却し、これからはサステナブルな活動を展開したいと考えた。これまでと異なった方法でファッションシステムに配慮する、新しい時代を作るブランドを作りたかった。なぜなら、ファッションは世界で2番目に環境を汚染している業界だから。リサイクル素材で作るサステナブルなブランドを作ろうと思った」

こう語るゴジェネーチェ氏は、ちょうどそのころ2人の息子が生まれたばかりだった。その長男のアルフレッドの名前を冠してブランド名ECOALFは生まれたという。未来を感じさせる素敵な物語だ。通り一遍のマーケティングの作業からは生まれえない、パーソナルな熱い想いが生み出す、強いスピリットが凝縮したブランドと言える。

(ファッションジャーナリスト=生駒芳子)

ECOALF ハビエル・ゴジェネーチェ氏

ハビエル・ゴジェネーチェ
スペイン・マドリード出身。 1995年、アパレル企業Fun & Basicsを設立し、10年で350の販売チャネルと70店舗を 展開。2009年にECOALFを創業。業界を超えてアップル、 コカ・コーラなど企業とのコラボレーションも多数展開。

*この続きは雑誌「オルタナ」61号(第一特集「新型コロナと持続可能性」、6月30日発売)に掲載しています

生駒 芳子
雑誌VOGUE、ELLE を経て、2004年よりmarie claire の編集長を務める。 08年10月に独立後、ラグジュアリー・ファッションからアート、エシカル、社会貢献、伝統工芸の開発事業まで幅広い トピックを追うジャーナリスト・プロデューサーとして活躍。日本エシカル推進協議会副会長。

2020年8月28日(金)11:44

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑