alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

サステナビリティ人材の育成と経営教育

企業と社会フォーラム(JFBS)第9回年次大会 サステナビリティ人材の育成と経営教育 学会「企業と社会フォーラム」(JFBS)は、2019年9月5~6日、「サステナビリティ人材の育成と経営教育」を統一テーマとする第9回年 […] (2019/12/27)

インドネシア森林火災と、日本の紙消費・銀行業務

森林火災、アマゾンだけでなくインドネシアでも多発 2019年、日本でも大きく報道されたアマゾンの森林火災。しかし大規模な森林火災はアマゾンだけでなく、インドネシアでも起きていました。2019年のインドネシアの森林火災で排 […] (2019/12/27)

メディアをつなげるある約束

12月4日、東京・渋谷にある国連大学本部ビルの一角であるイベントが開かれた。東京の国連広報センターが主催し、ニューヨークの国連本部からも戦略広報部長が来日。そこへ11社の日本のメディアが招かれた。取材目的ではない。では、 […] (2019/12/25)

原田勝広の視点焦点:中村哲医師はなぜ死んだのか?

アフガニスタンでNGO(非政府組織)、ペシャワール会(福岡)現地代表の中村哲医師が12月初め、何者かに銃撃され死亡してからしばらく経ちましたが、いまだに割り切れなさを感じています。アフガンのためにあれだけ尽くした人がなぜ […] (2019/12/25)

COP25報告:史上最長の延長COP、3つのハイライト

平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満(できれば1.5度)に抑えるという長期目標を持つ「パリ協定」が2020年から本格的に始まります。その実施を前に、国連の温暖化防止会議(COP25)が、2019年12月2日から2週 […] (2019/12/21)

「オルタナ式英単語術」(17) [rake][reap][wade]

速いものでもう12月。「今年の重大ニュース」「流行語」がメディアを賑わす季節となりました。 今年最後の英単語です。まずは、まさに「いま」の話題から。 1)rake 「落ち葉などを(熊手で)かき集める」です。まずはそのまま […] (2019/12/19)

最新のサステナブル福祉教育人材育成 シンガポール

赤道直下の淡路島とほぼ同じ面積で、人口密度や国民一人当たりの所得が世界のトップレベルの国、シンガポールから目が離せられない。この国の高齢者福祉の動きを研究してきた者のひとりとして、最新のサスティナブル福祉教育人材育成の情 […] (2019/12/17)

朝ドラとSDGs(その2)

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」で話題の信楽(しがらき)では徹底的に各種制度を活用している。今後、様々な制度や先人の知恵を統合していくときに役立つのが共通言語SDGsである。陶芸の町、信楽を参考に今後の日本 […] (2019/12/17)

朝ドラとSDGs(その1)

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」で話題の信楽(しがらき)に行ってみた。朝ドラのような視聴率の高い番組をSDGsメガネで見ると、興味深い。陶芸の町、信楽は注目点が満載だった。(CSR/SDGsコンサルタント/ […] (2019/12/17)

論説コラムーマネキン世界も「脱プラスチック」で植物由来に

「脱プラスチック」の動きがここまで来ているのかという思いを強くしたのは、東京で開催された日本最大のファッションとデザイン合同展示会を取材した時だ。新コンセプトエリア「エシカルエリア」を立ち上げるなど注目を浴びている同展だ […] (2019/12/14)

COP25前半:パリ協定 積み残されたルールの議論紛糾

平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑えるという長期目標を持つ「パリ協定」が2020年から本格的に始まります。その実施を前に、国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)が、2019年12月2日から2週間 […] (2019/12/9)

グリーンなライフスタイルのススメ

2019年は、9月と10月に巨大な台風が日本を襲い、各地に甚大な被害をもたらした。かねてから言われている地球温暖化による気候変動が、いよいよ現実のものとなってきた。また、気候変動のみならず海洋プラスチックごみ問題も目を背 […] (2019/12/6)

アラスカから気候戦士に名乗り(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(36) 「父さん、どうして皆、この島を出ていくのかなあ。僕はいやだな」  さらさらと澄んだ水が小石の上を走るのに目をやりながらウルヴァが尋ねた。気まずい沈黙を釣り糸の緊張 […] (2019/12/6)

書評『SDGsが問いかける経営の未来』

『SDGsが問いかける経営の未来』 編集・モニター デロイト 日本経済新聞出版社 社会的課題の解決には、多少なりとも社会のルールや仕組みを変えなければならない。では、そのルールや仕組みを変えるにはどのようにしたらよいか […] (2019/11/19)

ALTキーワード:EUタクソノミー(もり・ひろし)

サステナブル金融の構築に向けた取組みがEU(欧州連合)で活発化している。欧州委員会は2018年に10項目(企業の非財務情報の開示強化など)からなる行動計画を公表。同計画に基づく3法案の立法手続きも進む。 その計画の一項目 […] (2019/11/15)

論説コラムー日本の難題に挑むソーシャル・インパクト・ボンド

SDGsが大変なブームだが、思いだけでは問題は解決しない。いつの時代も先立つものはお金、解決のための事業に回す資金である。 ひとつの手段が社会的インパクト投資である。一般的な投資は経済的なリターン(利益)を求めるが、これ […] (2019/11/15)

実は解決していなかったフロン問題(4)

今年1月1日に日本はキガリ改正に批准しましたので、今後は、国内でのHFC(ハイドロフルオロカーボン。通称「代替フロン」)の生産と輸入の合計を段階的に削減する必要があります。HFCの生産と輸入が規制されることによって、冷媒 […] (2019/11/13)

実は解決していなかったフロン問題(3)

今年6月5日に改正フロン排出抑制法が公布され、来年4月に同改正法は施行される予定です。そして同改正法において、管理者らに対するフロンの管理義務などの規制が強化されることから、日に日にフロン問題に対する関心が高まってきてい […] (2019/11/13)

「オルタナ式英単語術」(16) [hail][fine][tilt]

紅葉のシーズンを迎えました。10月はこの話題一色でしたね。日本中をわくわくさせたラグビーのニュースから。 1) hail hailは「歓迎する。歓呼{かんこ}して迎える」。日常生活でいえば、「タクシーを呼ぶ」のもhail […] (2019/11/12)

ナシールウッディンの「指輪はどこ?」(希代準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(35)  智彦がバングラデシュのNGOで働くことになったのはいくつかの偶然が重なったからである。  津波で父と母そして妹が家ごと流された。避難生活、ガレキ撤去、葬儀。壊れ […] (2019/11/9)

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑