大久保和孝

大久保 和孝(新日本有限責任監査法人CSR推進部長)

キリンビールが展開する「東北復興・農業トレーニングセンタプロジェクト」の一環で、ニュージーランドを訪ねた。同国は自然しかコンテンツがない中、観光ツーリズムを中心とした地域活性に取り組む。特にクイーンズタウンの事例は参考になる。

19世紀にゴールドラッシュで栄えた後衰退していたが、近年、観光産業を中心に地域活性に成功した。今では人口2万人の町に年間260万人が宿泊し、1200億円を消費する。町全体で約1万2000床の宿泊施設に対し、国内外から毎月30万人が訪れる。

特に、海外からの観光客は年間を通して滞在し、閑散期がない。調査によれば、美しい景観、リラックス、アドベンチャー・エキサイティング、清浄な環境、親しみやすい人々、そして安全性を期待して訪れている。また満足度調査では8.8点/10点、約9割もの人が他人に紹介したいと思っている。

同市の主な成功要因は、コンセプトに魅了されたリピーターを増やし安定的な顧客をつかんだこと、観光産業のマネジメント力強化への支援の枠組みの構築、観光産業の競争環境の整備があげられる。単に自然の良さや、よくあるアトラクションやイベントなど、コンテンツの紹介ではなく、地域の人々の暮らしや文化を中心とした、地域のコンセプトで訪問者を魅了する。経済が安定し、価値観が多様化すると、コンテンツだけでは差別化しにくい。

1 2 3