Jリーグには、「シャレン!」という社会課題解決を目指すプラットホームがあることをご存知でしょうか。1993年のリーグ発足当初から、各クラブにはホームタウン活動(地域貢献や環境保護など)を義務化して、地域との接点を持ちながら発展してきました。今では、このホームタウン活動はJ1などに所属する57の主要クラブ合計で年間2万5千回に及びます。こうした地道な活動を基盤となってできたのが、「シャレン!」です。一言で表すと、クラブの非財務的価値を高める取り組みです。(オルタナS編集長=池田 真隆)

シャレン!は社会連携の略称 ©J.LEAGUE

シャレン!とホームタウン活動の違いについて説明します。従来のホームタウン活動では、クラブが特別支援学校などを訪問していました。一方、シャレン!では、①クラブ、自治体、企業など3者以上が連携して、②社会的テーマに対して取り組みます。

特別支援学校にホームタウン活動として選手が訪ねる場合は、将来的に子どもたちがファンになってくれる可能性が見込めます。シャレン!として、特別支援学校で活動を行う場合には、まず支援学校の課題はどこにあるのかを探ることから始めます。

原因を掘っていくうちに、障がいのある方と接する機会がない人が多い、感覚過敏のお子さんはスタジアム観戦にハードルがあるなどと真因が分かったとします。すると、クラブは「学校を訪問する」だけではなく、違うアプローチを取らないといけなくなります。課題を解決するための本質的な活動は何かと考えるようになるのです。

クラブとしてはこれまで以上に様々な人や団体と協働することになり、その結果、新たなファンに加えて、様々な団体との関係性の構築、新規スポンサーの獲得すらも期待できます。

■きっかけは村井チェアマン

シャレン!は2018年に始動したばかりです。発案者は、村井満チェアマン。もともと、多くのNPOとのつながりを持っていた村井チェアマンは、社会課題への意識を強く持っていました。「Jリーグを活用して、社会課題の解決につなげたい」と考えたのがきっかけです。

社会課題を解決するために、企業、学校、行政、NPO、住民などと協働して取り組むプラットホームを目指したので、シャレン!のコンセプトは「Jリーグを使おう」です。「使おう」という言葉通り、公式サイトでリーグやクラブと一緒に取り組みたい企画を募集しています。毎年5月にはアワードを開き、取り組みを表彰しています。

それでは、各クラブはどのような取り組みをしているのか見ていきましょう。

セレッソ大阪、スタジアムで読者会

川崎フロンターレや横浜FC、ヴァンフォーレ甲府などでは、障がい者の正規就労移行を促進するプロジェクトの一環として、ホームの全試合で、スタジアムで就労体験の機会を提供しています。

スタジアムでの就労体験の様子 ©J.LEAGUE

サポーターが試合を楽しめるようにスタジアムの準備作業は毎試合細かく行います。働く厳しさと楽しさを体験してもらうことで、社会進出をアシストしています。

子ども向けにユニークな活動を展開するのは、セレッソ大阪と鹿児島ユナイテッド。

子どもの読書率が低い大阪市では、セレッソ大阪が大阪市、大阪市立図書館と連携して、読書を呼びかける取り組みを実施しています。

選手たちが子どもに読書を呼びかけるだけでなく、スタジアム内での読書会も行っています。選手が使っているローカールームやベンチなどでの読書体験は子どもにとって忘れ難い思い出になります。

子ども向けに読書会を開く ©J.LEAGUE

この趣旨に賛同した企業が支援者となって、プロジェクトを支えています。

鹿児島ユナイテッドでは、スタジアム内で宿題に取り組む企画も実施しています。

膨らむ医療費削減に向けて健康に取り組むクラブもあります。徳島ヴォルティスとレノファ山口です。

徳島ヴォルティスでは、コーチたちが、コンディショニングノウハウを用いて地域住民向けにプログラムを提供。

レノファ山口も健康寿命の延伸に向け、社会福祉法人の機能訓練指導員と連携して、「レノファ健康・元気体操」を開発。企業と連携しながら街へ拡げ、スタジアムでも実施しています。

レノファ山口が行う「レノファ健康・元気体操」 ©J.LEAGUE

このように各クラブでは、教育や障がい、高齢化、ダイバーシティ、防災など様々なテーマに取り組んでいます。

シャレン!の取材をしていると、あるクラブ関係者から言われたことがあります。「サッカーのサポーターの熱量は世界一だと思う。例えば、スタジアムで古着の回収を呼びかけたとき、多くのサポーターが協力してくれて、1日で大量の服が集まる。職員がさばききれない量になるので、泣く泣く中止せざるを得ない」。

サッカーが持つ人を熱狂させる力を社会課題の解決に活用すれば、大きなインパクトが生まれそうです。

Jリーグ「シャレン!」の公式サイトはこちら