COP26は気候変動対策の「中間テスト」 今年のCOPが特に重要な理由

10月31日から11月12日まで、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)が開催されます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期されたこの国際会議は、2015年の「パリ協定」以降で最も重要な気候変動対話となります。このブログでは、COPとは何か?そしてそれが日本に住む私たちに、どのような関係があるのか?を解説していきます。

今年8月、国連のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)は最新の報告書を発表しました。

世界の温室効果ガス濃度が、200万年ぶりの高水準に達していること、そして、世界平均の気温は産業革命前に比べ、すでに1.09℃上昇し、気温上昇を1.5℃にとどめるという国際的目標まであと0.41℃とし、さらに、1.5℃上昇の時期が3年前の報告書より10年前倒しになったことを明らかにしました。

地球規模で気温が上昇すると、海面が上昇し、干ばつや山火事、洪水などの異常気象が、今よりさらに多発するようになります。

気候が危機的状況にある中、COP26(第26回気候変動枠組条約締約国会議)では、世界のリーダーたちが集まり、温室効果ガスの新たな排出削減目標や戦略、「パリ協定」の達成に向けた行動などについて議論します。

続きはこちらから