10月31日に英グラスゴーで始まったCOP26(気候変動枠組条約第26回締約国会議)に合わせ、グレタ・トゥーンベリさんら4人の環境活動家がネット署名運動を始めた。世界の政治リーダーたちに「1.5℃目標の堅持」「化石燃料への投資など打ち切り」「気候変動に脆弱な国々に約11兆円を拠出」などを求めた。署名はわずか4日間で世界中から157万筆が集まった。(オルタナ副編集長=山口勉)

グレタさんらの署名サイト(AVAAZのウェブサイトから)

今回署名活動を立ち上げたのは、グレタ・トゥーンベリさん(スウェーデン)、ヴァネッサ・ナカテさん(ウガンダ)、ドミニカ・ラソータさん(ポーランド)、ミッツィ・タンさん(フィリピン)ら4人の環境活動家だ。

10月31日に開始した同プロジェクト「気候アクションを求める緊急アピール」で、グレタさんらは世界のリーダーに向けて、「荒廃が進む地球で、数百万もの人々が苦しめられることになる。そんな恐ろしい未来に突入するのか、回避するのか、それはあなた方の決断次第だ。あなた方には、決定権がある」と述べた。

同プロジェクトはオンラインで署名を集めるプラットフォーム「AVAAZ」(アヴァーズ)で展開されている。日本時間の11月4日16時時点で集まった署名は157万筆を超え、160万に迫る勢いだ。

彼女らは、リーダーに求める主なアクションとして、「これまで世界に類を見ない勢いと速さで」温室効果ガスを削減し、1.5℃目標を維持すること、化石燃料への投資、助成金、新規プロジェクトを打ち切り、新たな採掘や調査を中止すること、

気候災害への追加資金と共に、もっとも脆弱な国々に1,000億ドル(約11兆4,000億円)の拠出を約束すること--などを挙げている。

メッセージの最後にはこうある。「今ならばまだ間に合う。変化を起こす意思があるのならば、最悪の結果を回避することは、まだできる」。