トヨタ財団は3月23日、トヨタ自動車の問題解決手法をNPO向けに伝える連続講座「第6期(2021年度)トヨタNPOカレッジ『カイケツ』」第3回を実施した。同講座は、社 会課題解決の担い手である非営利組織のマネジメントを改善し、より大きな成果を出してもらうことが目的だ。第3回は、グループワークで「現状把握」の状況を確認しながら、次回に向けて「要因解析」のポイントを解説した。(オルタナ副編集長=吉田広子)

トヨタ財団は、助成金を拠出するだけでなく、NPOに問題解決力を身に付けてもらうことを目的に、2016年から「トヨタNPOカレッジ『カイケツ』」を開催。NPOが抱える組織上の問題点を改善し、社会的課題の解決を後押しする。第6期は全国から9団体がオンライン参加している。

トヨタの問題解決は、「テーマ選定」「現状把握」「目標設定」「要因解析」「対策立案」「対策実行」「効果の確認」「標準化と管理の定着」の8ステップからなり、参加団体は約7カ月間かけて問題解決のプロセスをA3用紙1枚にまとめていく。

今回のテーマ「現状把握」は、問題が起きている事実を定量的に把握するステップ。事象をデータ化し、問題点をしぼり込む。主観ではなく、多くの客観的な事実を集めて定量的に整理するのがポイントだ。

トヨタ自動車で長年品質管理に携わってきた古谷健夫講師(クオリティ・クリエイション代表取締役)は、「現状把握は『しぼり込み』が重要だ。網羅的になると、机上の検討になってしまい、有効性のある対策立案につながらない。『ルールをつくる』『マニュアルをつくる』といったよくあるものになってしまう。解決のカギは現場にある。必ず現場に向き合って、問題解決の糸口を見つけてほしい」と語った。

種子島で「やりたい」を表現できる文化づくり

カイケツに参加する一般社団法人LOCAL-HOOD(鹿児島県中種子町)の代表理事・湯目由華(ゆのめゆか)さんは、種子島のまちづくりについて語り合うイベント「たねがしまスープ」を運営。米デトロイト発で、スープを食べながらアイデアを出し合う「デトロイトスープ」をモデルに、地域住民が自由に「やりたいこと」を表現できる文化づくりに取り組んでいる。

「もともとは地域おこし協力隊として、種子島に移住しました。地域の方と触れ合うなかで、『種子島ではチャレンジしにくい』という声を聞いたのです。それがきっかけとなって、住民が『やりたい』ことを発表し、それをみんなで応援していく文化をつくりたいと考え、『たねがしまスープ』を始めました。同じような課題意識を持つ地域はほかにもあるので、こうした仕組みを広げていけたら」(湯目さん)

たねがしまスープは、住民が「地域を良くするアイデア」を発表し、それを参加者が支援する仕組みだ。参加者は、スープ代と投票権を購入し、応援したいアイデアに投票する。最も得票の多い発表者が全投票分の支援金を得られる。これまで地元の高校生などもプレゼンを行ってきた。

「たねがしまスープ」で「空き家リノベーションプロジェクト」を提案した種子島中央高校の生徒
「たねがしまスープ」で「空き家リノベーションプロジェクト」を提案した種子島中央高校の生徒

湯目さんは、これから「『やりたい』ことを表現できる文化」を広げるために、スタッフを増やしながらも「楽しく運営できる組織体制をつくりたい」と考え、カイケツに参加した。コロナ禍でイベントがオンライン運営に変わるなど、環境の変化もあり、組織基盤を整えたいという思いを強くした。

カイケツでは、「たねがしまスープ運営における『やりがい指標』の設定とその向上」をテーマに掲げ、問題解決のステップに取り組む。6月ころには、次回たねがしまスープをオフラインとオンラインのハイブリッド型で開催する予定だ。

湯目さんは「たねがしまスープを支えてくれる運営メンバーの満足度が不明確という課題がありました。現状把握のために、ヒアリングするなかで、たねがしまスープを成功させることが、運営メンバーの共通の思いであると認識できました。カイケツを通して、やりがいの指標をつくり、満足度を向上させ、みんなが楽しく運営できる体制を整えたい」と意気込む。

問題の真因を「5なぜ」で追及する

講座の後半では、鈴木直人講師(元日野自動車TQM推進室室長)が、「現状把握」の次のステップ「要因解析」の解説を行った。設定した目標を達成するために、問題を発生させている要因を探っていくのが「要因解析」だ。

鈴木講師は、「『要因解析』で最も重要なのはじっくり考えること。簡単に切り上げず、真因にたどり着くまで考え抜くことが大事」と強調する。

真因とは「それがつぶせれば問題が解決される」レベルの要因で、「突き止められないと解決できない」こともあるという。

例えば、「マニュアルがないからマニュアルを作る」は問題解決としては不十分だ。「なぜマニュアルがないのか」を深く追求しなければ、実効性のないマニュアルになってしまったり、マニュアルを作っても使われなかったりするなど、問題が解決しない。

「特性要因図」の作り方を説明する鈴木講師
「特性要因図」の作り方を説明する鈴木講師

要因解析の手法で、よく使われるのが「魚の骨図(フィッシュボーン)」と呼ばれる「特性要因図」だ。

特性要因図は、まず、右端に結果(特性)を記入する。次に、4M (人、機械・設備、方法、材料)で分類しながら、魚の骨のように要因を書き出していく。この時に、「なぜ、なぜ」を5回程度繰り返しながら、要因を分解するのがポイントだ。

鈴木講師は「『要因解析』のステップでは、複数人で自由に意見を出し合うことが重要。ただし、ブレーン・ストーミングをしているときに批判してはいけない。自由奔放なアイデアを歓迎し、より良いアイデアに発展させていくことが大切」とアドバイスした。