里山の廃校が舞台、自然エネ100%の「ひかり祭り」

このエントリーをはてなブックマークに追加

里山の廃校を舞台に、地域の人々が手作りするアートフェスティバル「ひかり祭り」が、10月25~27日の3日間にわたって開催された。今年10週年を迎えたこのお祭りの電力は、2011年から毎年、自然エネルギーでまかなわれている。(ノンフィクションライター・高橋真樹)

ひかり祭りを演出するミラーホール

神奈川県相模原市緑区(旧藤野町)のひかり祭りは、「廃校から、アートという希望の光を発信したい」というメッセージを掲げて始まった。今回は台風と重なり開催すら危ぶまれたが、特に快晴となった3日目(27日)には多くの参加者が詰めかけた。

ひかり祭りの見どころは、夜の光の演出。工夫されたステージの照明や、幻想的なたまご型のミラーボールなど、随所に不思議な空間づくりがされていた。

例年5000人ほどが参加するこのイベントの電力は、太陽光やてんぷら油のバイオディーゼルを活用して100%自然エネルギーでまかなっている。その電力を担当しているのが、「藤野電力」(神奈川県相模原市)だ。

ページ: 1 2

2013年10月31日(木)10:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑