SDGsにおける企業への課題――コロンビア大・地球研究所所長

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京財団は7月30日、第96回東京財団フォーラムを開いた。同フォーラムでは、コロンビア大学地球研究所長のジェフリー・サックス氏が登壇し、ポスト2015の開発アジェンダにおける企業の課題について講演した。ジェフリー氏は、「グリーンな技術革命で、世界をリードできる」と日本企業に期待を込めた。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

日本企業の強みである技術力を生かして、グリーンなイノベーションを起こせば、世界をリードできると話すジェフリー氏

日本企業の強みである技術力を生かして、グリーンなイノベーションを起こせば、世界をリードできると話すジェフリー氏

登壇したジェフリー氏は、2015年が期限であるMDGs(ミレニアム開発目標)について、「2010年に、極度の貧困を半分にするという目標を達成できた」と、一定の評価を与えた。MDGsとは、貧困撲滅や女性のエンパワーメント、環境配慮など8つの目標を設定し、その目標を2015年までに国際社会全体で目指す枠組みである。貧困分野の目標は、1日1.25ドルで暮らす極度の貧困の人口を、2015年までに半分に減らすことを目標に掲げていた。

ジェフリー氏は、貧困削減に対して一定の成果がでたことを評価しつつも、2015年以降に新たな課題が出てきたと指摘。それは、「貧富の格差」、「いまだ10億人(世界人口の15%)が極度の貧困で苦しんでいること」、そして、「気候変動」の3つだ。

ページ: 1 2

2015年7月31日(金)17:45

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑