タラノア対話で自然エネ100%社会を議論

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本気候リーダーズパートナーシップなどはこのほど、シンポジウム「再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けて」を開いた。会場は、「自然エネルギー100%大学」を日本で始めて表明した千葉商科大学(市川市、原科幸彦学長)。シンポジウムの内容を報告する。(オルタナ総研スペシャリスト=室井 孝之)

シンポジウムは、政府(外務省、環境省)、自治体(長野県、横浜市)、企業(ユニリーバ・ジャパン、H&M、イオン、自然電力、ロクシタンジャポン、大和ハウス)、NGO(CAN、イクレイ)の協働による「タラノア対話」として実施された。

「タラノア」とは、COP23の議長国であるフィジーの言葉で「包摂的、参加型、透明な対話プロセス」を意味し、あらゆる主体が参加する。

「タラノア対話」では、「どこにいるのか」「どこへ行きたいのか」「どうやって行くのか」が確認され、パリ協定の「2℃目標」達成を目指した。

ラッセ・ブルーンCANインターナショナルエネルギー転換担当代表は、「自然エネルギーは、予想を超える速度で広まっている」と述べ、来年のG20議長国の日本に対し、「世界の再エネ潮流の仕掛人たれ」とエールを送った。

北島敬之ユニリーバ・ジャパン代表取締役は、「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」として、10億人以上のすこやかな暮らしに貢献・製品ライフサイクルからの環境負荷を1/2・数百万人の経済発展を支援を掲げ、「イノベーションの加速が必須」と語った。

ページ: 1 2

2018年9月3日(月)16:54

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑