COP28の論点(3):「グローバルストックテイク」とは

記事のポイント


  1. 11月30日からCOP28がアラブ首長国連邦で開催される
  2. 焦点の1つが、「グローバルストックテイク(GST)」だ
  3. 2035年に向けて野心的な目標設定を促す政治的メッセージが出るかが注目される

11月30日からCOP28(国連気候変動枠組条約第28回締約国会議)がアラブ首長国連邦(UAE)で開催される。焦点の1つが、「グローバルストックテイク(GST)」だ。世界の進捗を科学的に見直すプロセスで、2035年に向けて野心的な目標設定を促す政治的メッセージが出るかが注目される。(オルタナ副編集長=吉田広子)

ホンジュラス北西部の肥沃なスラ渓谷を流れるチャメルコン川は、気候変動の影響による洪水が脅威になっている(Photo: OCHA/Vincent Tremau)
ホンジュラス北西部の肥沃なスラ渓谷を流れるチャメルコン川は、気候変動の影響による洪水が脅威になっている(Photo: OCHA/Vincent Tremau)
yoshida

吉田 広子(オルタナ副編集長)

大学卒業後、米国オレゴン大学に1年間留学(ジャーナリズム)。日本に帰国後の2007年10月、株式会社オルタナ入社。2011年~副編集長。執筆記事一覧

執筆記事一覧
キーワード: #脱炭素

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..