【連載】人と魚の明日のために

近年、国際海域で操業する漁船による「違法・無報告・無規制(IUU)漁業」や船上での人権侵害が大きな問題になっている。

このほど、中西部太平洋などで操業する多数の中国漁船でIUUや人権侵害が常態化しており、これらの漁船が漁獲したマグロなどが、日本の市場に持ち込まれた可能性が高いことが国際環境保護団体、環境正義基金(EJF、本部・英国)の4年がかりの調査で明らかになった。IUUや人権侵害への企業の姿勢が国際的に注目される中、日本にとっての大きな問題となりそうだ。

EJFは2017─ 20年、西太平洋やインド洋、大西洋などで操業し、日本に関連するとみられる19隻の中国漁船に乗船していたインドネシア人船員約40人にインタビューし、船上での写真を多数、入手した。

ほぼすべての船員が、サメのひれだけを切って胴体を捨てる手法「フィニング」が大規模に行われていたと写真やビデオを示して証言。ビデオには船員が引き上げたサメのひれを切り取り、体を海に投げ捨てる様子が鮮明に残っていた。

捕獲が禁止されているイルカやウミガメを故意に捕ることもあり、甲羅や歯だけをアクセサリーや記念品として持ち帰っていたとの証言や写真も複数得られた。

船上の強制労働の実態が明らかに