2050年までにCO2排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を表明した自治体数は479で、全自治体の3割弱となっている(環境省まとめ・2021年10月29日現在)。都道府県数で見ると40だが、まだ表明をしていない7県について、その理由と背景を聞いた。(オルタナ編集部・長濱慎)

10月29日現在、40都道府県、287市、12特別区、116町、24村が表明

■産業部門の削減シナリオがネックに

21年10月末現在、「ゼロカーボンシティ」を表明していない県は、秋田県、茨城県、埼玉県、石川県、愛知県、山口県、福岡県の7県だ。このうち回答が間に合わなかった石川県を除く6県について、その事情を紹介する。

■秋田県「作業の進捗に合わせて表明を検討」