魚が微細なプラスチック片(マイクロプラスチック)を誤食することは、既に知られている。では、どういう魚がどういう種類のプラスチックを食べているのだろうか。東シナ海で捕獲した7種類・計385匹の魚を調べた長崎大学の研究チームが、国際学術誌に発表した。(オルタナ編集委員・栗岡理子)

「魚の消化管から見つかったマイクロプラスチックの一部。左は表層魚、右は底層魚の中に入っていた」(提供:八木光晴・長崎大学准教授)

マサバの63%でマイクロプラスチック発見

海洋のプラスチック汚染が進んでいる。なかでも日本近海はマイクロプラスチックのホットスポットで、世界平均の27倍も漂っているという報告もあるほどだ。しかし、生物によるプラスチック誤食の報告は増え続けている中で、日本周辺海域からの報告はまだ少ない。

長崎大学総合生産科学域の八木光晴准教授が率いる研究チームは、2018年から九州西岸の東シナ海に生息する魚を捕獲し、消化管内のマイクロプラスチックの有無を調べ始めた。対象の魚は、水面近くに生息する表層魚の2種(マサバ、マアジ)と、海底近くの底層魚の5種(キダイ、マトウダイ、カナガシラ、カイワリ、サギフエ)だ。

その結果、最も多くのマイクロプラスチックが見つかったのはマサバで、64匹のうち40匹(63%)から見つかった。レジ袋などに使われる白色や透明のポリエチレンの破片が多かったという。マイクロプラスチックの平均個数は1匹あたり0.36個、表層魚と底層魚とでは異なる傾向を示したそうだ。詳しい話を八木准教授に聞いた。

プラスチックが魚の体内にとどまる可能性は?

「平均で表層魚は0.80 個、底層魚は0.12 個でした。表層魚の方が6.7倍も多くのマイクロプラスチックを含んでいることがわかりました。今回、検出したプラスチックのサイズは3ミリ前後と比較的大きいので、消化管の中に存在しているマイクロプラスチックは自然に排泄されると考えられます」(八木准教授)

では、魚はもっと小さいプラスチックも食べていて、それらは自然に排泄されず、魚の体内に留まっている可能性はあるのだろうか。