少年時代の憧れだったクマゼミ――私たちに身近な生物多様性(12) [坂本 優]

坂本 優
アサヒプロマネジメント株式会社 資料室&法務部
このエントリーをはてなブックマークに追加

IUCN(国際自然保護連合)が定義する「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」には、2014年11月時点で約2万2千種が登録されている。生物多様性の確保は喫緊の事項だ。本コラムでは、味の素バードサンクチュアリ設立にも関わった、現カルピス 人事・総務部の坂本優氏が、身近な動物を切り口に生物多様性、広くは動物と人との関わりについて語る。(カルピス株式会社 人事・総務部=坂本 優)

東京のクマゼミは、なぜか、木々の高いところに止まることが多く、 背中の黒がはっきりわかるような正面から観察できる機会は比較的少ないようだ

東京のクマゼミは、なぜか、木々の高いところに止まることが多く、背中の黒がはっきりわかるような正面から観察できる機会は比較的少ないようだ

私の勤務先は恵比寿の防衛研究所の近隣だ。防衛研究所は敷地が広大なうえに緑豊かで、夏は研究所の内外からのさまざまなセミの鳴き声で終日にぎわう。おなじみのミンミンゼミやアブラゼミ、ツクツクホウシなどの他、時折、地味な声ながら、ソロの隙間や合間を埋めるバックコーラスのように響くクマゼミらしき声もする。

ご承知のとおり、かつてクマゼミは、本州の中では南西部に分布し、関東地方には生息していないとされていた。それがここ数年の間に都内でも一挙に分布を広げた。まさに温暖化を体現するようなセミだ。

ページ: 1 2 3

坂本 優
アサヒプロマネジメント株式会社 資料室&法務部
1953年生。東京大学卒業後1979年、味の素㈱入社。本社にて法務・総務業務、工場・支社にて総務業務を担当。2011年カルピス㈱(現アサヒ飲料)出向(‘12年転籍)。 同社及びアサヒグループ食品で法務・コンプライアンス業務を担当。’17年12月より現職。大学時代「動物の科学研究会」に参加。味の素在籍時、現「味の素バードサンクチュアリ」を開設する等、生きものを通した環境問題にも通じる。(趣味ラグビー 関東ラグビー協会理事)

2015年8月25日(火)13:23

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑