編集長コラム) CSRを軽視したSDGsはあり得ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月22日付け日本経済新聞の名物コラム「大機小機」欄「3Gに入ったSDGs」を読んで、ちょっとした違和感を覚えました。ポイントは3つあります。(オルタナ編集長・森 摂)

まず、書き出しです。

コラムでは「持続可能な開発目標(SDGs)はその趣旨や理念を学習する第1世代(1G)から始まり、昨年あたりから社会への普及に一段と注力する第2世代移行してきた」(中略)「最近ではさらに進化してきた。SDGsの実質化であり、社会経済システムへの内装化の動きである」と始めています。

残念ながら、日本の現状はまだ「1Gと2Gの間くらい」と言わざるを得ません。朝日新聞の調査(2019年3月)によると、「SDGsという言葉を聞いたことがあるかという質問に『ある』と答えた人は19%」です。

裏を返せば、8割以上の人が「知らない」ということです。物事の認知度や普及度のティッピングポイント(発火点)は15%前後と言われ、SDGsも、ようやくそのポイントに達したかどうかです。そこは過大評価しない方が良いです。

もっと大事な、第2のポイントは、次の記述についてです。

「当初は従前の社会貢献活動や企業の社会的責任(CSR)の一環だと誤解されがちだったが、SDGsはこれらとは一線を画する考え方である」とあります。

この筆者は、「社会貢献活動」と「CSR」を混同し、同一視しています。しかし、CSR検定2級テキスト(2019年版)15ページの表にある通り、CSRには「4つの領域」があるのです。

4つの領域とは下記の通りです。
第1象限(右上)価値創造型CSR/CSV
第2象限(左上)広義のコンプライアンス(社会からの要請やソフトローへの対応)
第3象限(左下)狭義のコンプライアンス(法令順守や納税、雇用など)
第4象限(右下)社会貢献・フィランソロピー

ページ: 1 2 3

2019年5月22日(水)18:01

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑