これまでビジネスが「儲からないから」と対象としてこなかった社会問題を解決するには、これまでの考え方に囚われては難しい。新たな独自の解決法を生み出せるかどうかがカギとなります。

社会問題を具体的に捉え、理想の社会像を描き、そして新たな社会ソリューションを打ち出す。ソーシャルコンセプトの神髄であり、ソーシャルビジネスの存在意義を明らかにする拠りどころです。これが描けてようやく、社会ソリューションに「沿って」ビジネスコンセプトを構築していくことになります。

決して、順番を逆にしないようにしてください。ビジネスコンセプトから先に考えてしまうと、社会問題解決に直結し、最もインパクトを生み出せるモデルから遠ざかってしまいます。

従来の常識で考えたビジネスは、どうしても利益を生み出しやすいモデルへと傾倒してしまい、社会問題解決が「おまけ」になってしまう。既存ビジネスをソーシャルビジネスに転換しようとしても、なかなか難しいのはビジネスのモデルそのものが、社会問題解決という本来の目的から大きくズレているからです。

常識に囚われない新たなビジネスを生み出す、その「生みの苦しみ」を乗り越えるからこそ、継続発展的にソーシャルインパクトを生み出すソーシャルビジネスが誕生するのです。

SDGsがようやく社会に浸透し始め、社会問題解決への関心が増しています。社会問題解決をビジネスで取り組んでいきたい、そう考えるみなさんにとって、真に解決に資する事業づくりの一助になることを願って、今回の寄稿を終わりたいと思います。

1 2 3