英国の動物福祉団体はこのほど、スコットランドにあるサーモンの養殖場の映像を公開した。同国は養殖サーモンの生産国としては世界で3番手に位置し、日本を含む50カ国以上に輸出している。映像では、窮屈な水中檻の中で最大2年間、あてもなく泳ぐ姿が収められている。深刻な魚ジラミが蔓延しており、不衛生な環境から4分の1が屠殺される前に死んでいることが明らかになった。(オルタナS編集長=池田 真隆)

動物福祉団体が公開した衝撃の映像

この映像は、政府や投資家と協業してアニマルウェルフェアを促進してきた英国の動物福祉団体 Compassion in World Farming International (CIWF)が中心となって製作した。スコットランドにある20以上の養殖場を、ドローンなどを使い、撮影したものだ。

CIWFの調査を率いたソフィー・プトリル 世界キャンペーンマネージャーは、「この映像には、先天異常や病気、目や肉体の一部がなくなっているもの、皮膚を魚ジラミに食べられているサーモンが収められています。これはとても容認できるものではありません」と厳しく批判した。

サーモン養殖はアニマルウェルフェアを損なうだけでなく、環境にも悪影響を及ぼすことが分かっている。スコットランドのサーモン養殖場から流れる有機廃棄物と化学廃棄物は、堆積物の化学的性質を変化させ、海底の海洋生物の生命にも影響を及ぼしている。

サーモンを残虐に扱う養殖場だが、スコットランド政府は2030年までに大規模な産業拡大を許可している。こうした事態を受けて、世界のNGOが結束して、産業の拡大の一時停止を求めてオンライン署名を集めている。宛先は、スコットランドの二コラ・スタージョン首相だ。日本では、認定NPO法人アニマルライツセンターがオンライン署名のキャンペーンを担当している。

57号 58号 59号 60号 62号 CSR ESG NGO NPO SDGs アニマルウェルフェア エシカル エシカルファッション オーガニック グリーンピース サステナビリティ サステナブル サステナブル★セレクション サステナブル・セレクション サーキュラーエコノミー ジェンダー ダイバーシティ パリ協定 パーパス ファンドレイジング フェアトレード プラスチック ペットボトル リサイクル レジ袋 世界のソーシャルビジネス 人権 再生可能エネルギー 地球温暖化 寄付 新型コロナ 新型コロナウイルス 林業 気候変動 環境 環境省 生物多様性 脱炭素 自然エネルギー 農業