■オルタナ式英単語
What is the UN Global Compact?■

コロナ禍での2回目の夏を迎えようとしています。人と人とのコミュニケーションが限られるなか、「ほんとうに大切なものは何か」を考え直す機会となったという声も多いようです。皆さんはいかがですか。

今月はChapter 1, Lesson 8 ‟What is the UN Global Compact?” 「国連グローバル・コンパクトとは何か」を読みます。

一言でいえば、国連グローバル・コンパクトとは、企業や様々な団体が持続可能な成長を実現するため世界的な枠組み作りに自発的に参加するイニシアティブです。加盟企業は、企業経営者自らの意思で、人権、労働、環境、腐敗防止の4分野に関わる原則を継続的に――達成期限を設けた数値目標ではなく――遵守することが期待されます。

まず基本的な知識を整理していきますが、日本における取り組みの現状に目を向け、ご自身の実務的な問題として「ではどうしたらよいか」を考えていかれるとよいかもしれません。

【語注】
UN Secretary general  国連事務総長
launch  乗り出す、開始する
corruption  腐敗
conspicuous  目立った
emerge  現れる
adopt (議案・報告書などを)採択する、可決する
submit   提出する

アナン国連事務総長(当時)の提唱
The United Nations Global Compact (UNGC) was proposed in 1999 at the World Economic Forum (Davos) by Kofi Annan, the late UN Secretary-General. The next UN Secretary-Generals have also expressed their clear support.

【訳】
国連グローバル・コンパクトは、1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)にて当時の国連事務総長コフィ・アナン氏によって提唱されました。それ以降の事務総長も明確な支持を表明しています。

late ~は「故~」です。

Various kinds of companies and organizations are expected to act as good members of society, and to participate voluntarily in a global framework for achieving sustainable growth through responsible and creative leadership. The compact was officially launched at the United Nations Headquarters in New York City on July 26th, 2000. Then, at the first Global Compact Leaders’ Summit on Anti-Corruption held on June 24th, 2004, the principles related to the topic were added. The compact has taken the current form.

【訳】
企業など様々な団体が、責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会のよき一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的枠組み作りに自発的に参加することが期待されています。2000年7月26日にニューヨークの国連本部で正式に発足し、2004年6月24日に開催した最初のGCリーダーズサミットにおいて腐敗防止に関する原則が追加され、現在の形となりました。

グローバリゼーションの負の側面
Two significant backgrounds are found behind these proposed principles, though there are different factors. First, the negative aspects of globalization have become conspicuous, and a radical anti-globalization movement has been emerging. Secondly, it is impossible for the individual country to solve human challenges. We have no choice but to expect companies that engage in almost all events in society to play major roles.

It consists of in ten principles in four areas, that is, human rights, labour, environment and anti-corruption.

【訳】
このような原則が提案された背景には様々な事象が考えられるものの、おもなものとしては2つあります。ひとつは、グローバリゼーションの負の側面が目立ち、過激なアンチグローバリゼーションの動きが出てきたこと。2つめは、人類が抱える課題を国家が単独で解決することは不可能であり、社会のほぼすべての事象にかかわる企業に大きな役割を期待せざるをえないということです。

これは、人権、労働、環境、腐敗防止の4分野での10原則からなりたっています。

have no choice but to~は「~以外の選択肢がない」すなわち「~せざるをえない」となります。

加盟団体
As of October 2018, there are just over 13,000 organizations that have signed up to the guiding principles. About 80 percent of them are companies, while others include trade unions, NGOs and local governments. A total of 290 Japanese companies and organizations have signed this agreement.

【訳】
2018年10月現在で、加盟団体は1万3000団体強です。そのうち企業は8割で、ほかは労働組合、NGO、自治体などです。日本では290の企業・団体が署名しました。

as of ~ 「~時点で」。sign up toは「~に調印する、申し込む」

なお、2021月6月の段階で、日本の加盟企業・団体は約420となっています。

Member organizations are expected to support various UN policies, and required to submit annual reports on their efforts related to the 10 principles of CoP (Communication on Progress).

【訳】
加盟企業は国連の様々な政策への支援が期待され、CoPという10原則に関する取り組み状況についての報告書を年1回報告することが義務づけられています。

日本での状況を見てみましょう。日本経済団体連合会の「第2回企業行動憲章に関するアンケート調査結果」(2020年10月13日発表)によれば、「指導原則に即して『ビジネスと人権』への取り組みを進めている」と回答したのは、回答した企業の3割強であり、「指導原則を理解しているが活動できていない」企業も含めると、実践に至っていない企業は約6割にのぼります。

経団連:第2回 企業行動憲章に関するアンケート調査結果 (2020-10-13) (keidanren.or.jp)

2020年10月、外務省が「ビジネスと人権」に関する行動計画(2020-2025年)を策定しました。同計画策定の背景等を説明した文書で「国連グローバル・コンパクト」の言及があり、「国連グローバル・コンパクト」の実践を強く意識した計画であることがわかります。同計画では,その規模、業種等にかかわらず、日本企業が、企業活動における人権への影響の特定、予防・軽減、対処、情報共有を行うこと、すなわち人権デュー・ディリジェンスのプロセスを導入・促進することへの期待が表明されています。この行動計画を通じて日本企業が責任ある企業行動をとり、企業価値と国際競争力を向上させること,さらにSDGsで掲げられている「誰一人取り残さない」社会を実現することへの期待が述べられています。

今月はここまでです。また来月お目にかかりましょう!