サステナブル・ビジネス・マガジン

週間ランキング
>>6~20位はこちら
最新記事
no image

COP16成功へ協力確認─気候変動閣僚会合

気候変動問題に関する非公式閣僚級会合が43カ国から5月2日から4日まで、ドイツのボンで開かれた。メキシコで11─12月に開かれる国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)の成功に向け、「各

NEWS
no image

気候変動会議、10月に名古屋で─環境相

小沢鋭仁環境大臣は出席したボンの非公式閣僚会合で、温室効果ガス排出削減の新たな枠組み構築に向け、閣僚級国際会議を10月に名古屋で開催する意向を表明した。環境相は、演説で「日本は率先して低炭素社会作りに

NEWS
no image

次世代送電網で協力合意へ─日米民間団体

スマートグリッド(次世代送電網)を推進する米国の民間団体「グリッドワイズ・アライアンス」と日本の官民協議会「スマートコミュニティ・アライアンス」と4月16日、国際的な事業展開に関して協力していく合意を

NEWS
no image

「エコレールマーク」新たに15件─国交省

国土交通省は4月23日、第21回「エコレールマーク」の新規認定について発表した。この制度は自動車輸送と比べて環境負荷が低いとされる鉄道貨物輸送を一定以上利用している商品または企業に対して認定するもので

NEWS
no image

リチウムイオン電池評価機関設立─経産省

経済産業省は4月2日、「技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター」を大阪府池田市に設立した。電気自動車(EV)やハイブリッド車などの次世代自動車の動力源の一つとなるリチウムイオン電池などの蓄

NEWS
no image

3月の世界の平均気温、過去最高

3月の世界の平均気温が統計を取り始めた1891年以降、最も高かったことが分かった。気象庁が4月14日、発表した。同庁によると、世界の平均気温は、陸海上約1300の観測点の気温データを基に算出された。平

NEWS
no image

昨年度の原発運転実績を公表─経産省

経済産業省原子力安全・保安院は4月16日、2009年度の国内原子力発電所の運転実績を公表した。各電機事業者からの報告を集計したもので、10事業者の設備利用率の平均は70.2%となった。 この内、東京電

NEWS
no image

環境相、温暖化対策のロードマップ公表

小沢鋭仁環境大臣は3月31日、地球温暖化対策のロードマップを環境大臣試案として公表した。衆議院に提出された温対法の「1990年比で温室効果ガスを25%削減」という目標を達成するために、国内にどのような

NEWS
no image

温対法、衆院で審議入り

環境省が所管する地球温暖化対策基本法(温対法)が4月20日、開催中の衆議院本会議で審議入りした。野党の自民党、公明党はそれぞれ対案を提出している。 温対法案は、国内の温室効果ガス排出量を2020年に1

NEWS
no image

生物多様性で今年9月に首脳級会合─国連

生物多様性条約事務局(カナダ・モントリオール)は4月16日、今年の国連総会に合わせた9月後半に、米ニューヨークの国連本部で生物多様性保全を話し合う首脳級会合を開くと発表した。 同条約は国連の主導で作ら

NEWS
no image

日中韓で環境技術の標準化を検討─経産相

直嶋正行経済産業相は4月18日、「日中韓の各国では優れた環境関連技術が多数開発されている。環境技術の適切な国際標準化に向けた取り組みに尽力していきたい」と発言し、3国間の公的な環境技術評価の統一化の意

NEWS
no image

エコカー普及、政府支援が必要─自工会

日本自動車工業会の青木哲会長(ホンダ会長)は4月23日の定例記者会見で、2020年までにEV(電気自動車)などの次世代車の新車販売シェア目標を最大で50%にするとした経済産業省の「エコカー戦略」につい

NEWS
no image

主力商品のCO2排出量を半減─TOTO

TOTOは4月7日、2017年までの環境保護活動計画を発表した。システムバスやキッチンなどの主力の水回り機器に関し、使用時の二酸化炭素(CO2)排出量を1990年に比べて50%以上減らした主力商品を開

NEWS
no image

車載用リチウムイオン電池工場の新設決定

GSユアサ、三菱商事、三菱自動車の3社が出資するリチウムエナジージャパンは4月14日、滋賀県栗東市内に電気自動車用リチウムイオン電池を生産する新工場を2012年度から稼動させると発表した。同工場の年間

NEWS